• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈池田先生と共に 新時代を進む〉24

2018年1月5日

「今年こそ」と誓願の祈りを

 

新たな「栄光」の一年を、全世界の宝友と晴れやかに出発する

ことができた。

総本部はじめ創価の城は千客万来の賑わいであり、深き志に感

謝は尽きない。

無事故の運営に全力で当たってくれた役員の友の献身も、何と

気高いことか。

各地の新年勤行会では、青年を先頭に弘教や入会が続々と実り、

喜びに沸く尊き様子をうかがっている。

「をどりてこそいで給いしか」(御書1300ページ)と仰せのごとく、地涌の人材が世界同時に舞い出ずる

姿を御本仏が賛嘆してくださっているに違いない。

 ― ◇ ―

元日、百花に先駆けて、梅が一輪、凛と花開いた。

「一花を見て春を推せよ」(同222ページ)とは、厳寒の佐渡で認められた一節だ。

一人また一人、大切に人華を咲き薫らせゆくところに「栄光の春」が訪れる。

2日はスーパームーン。インドの同志からも、”大月天が創価菩提樹園を照らし祝福してくれています”と心弾む報

告があった。

3日には広宣流布大誓堂で勤行・唱題し、全同志の健康と幸福と勝利を祈念した。御宝前には、昨年11月に世界

のリーダーが署名した「創価学会会憲」の署名簿も供えられていた。

「異体同心」のスクラムで、一段と世界広宣流布を進め、各国・各地が平和に安穏に、繁栄していかれるよう、真

剣な祈りを捧げた。

大誓堂では、会長、理事長と語らい、いよいよ威風堂々と栄え光りゆく、わが学会の未来を展望した。

 ― ◇ ―

わが師・戸田城聖先生は、正月の折によく言われた。

――妙法受持の我らは、宇宙運行の根本のリズムに乗って、心新たに「今年こそ」と立てた願いを、必ずその年の

生活に実証していけるんだよ、と。

御本仏に直結する我らの誓願の祈りが、叶わないわけがない。

「大地はささばはづるるとも虚空をつなぐ者はありとも・潮のみちひぬ事はありとも日は西より出づるとも・法華

経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず」(同1351ページ)

いやまして強盛に題目の師子吼を轟かせ、一つ一つ「人間革命」の旗を打ち立てゆく大前進、大勝利の一年とする

のだ。

世界の創価家族と共々に、勇気凛々と大仏法を語りゆこう! 学会歌を声高らかに歌いながら、広布と人生の「栄

光の年」を勝ち進もうではないか!

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください