• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

功徳満開の勝利の歴史を

2017128

 

 『餓鬼は恒河を火と見る・人は水と見・天人は甘露と見る、水は一なれども果報に

 したがって見るところ各別なり

(法蓮抄、1050ページ)

 

(通解)

餓鬼は恒河を火と見る。人は水と見る。天人は甘露と見る。水はひとつのものであるが、

果報にしたがって別々なのである。

 

見る者の生命境涯によって、物事の見え方がまったく異なるとの仰せです。

未来部・女子部の頃から創価家族の中で育まれ、鼓笛隊の薫陶を通して信心の土台を築

きました。

婦人部になり、長男の吃音、次男の発達障害やいじめ、隣家の義父母宅の全焼など、宿

命の嵐が吹き荒れました。家族一丸で信心根本に学会活動に励み、同志の支えもあって

全て乗り越えることができたのです。

現在、男子部として広布の庭で頑張る息子たちの姿を通し、悩みがあったからこそ信心

を深められたと実感しています。

昨年、夫婦そろって病魔に襲われ、宿業の厳しさに直面しましたが、”必ず師匠に勝利の

報告を”と夫婦で祈り抜きました。今も治療に励んでいますが、師と共に元気に過ごせる

喜びと感謝で胸がいっぱいです。どこまでも一人に寄り添える自身に成長し、何があっ

ても負けない師弟の道を進む決意です。

佐賀太陽県の同志の皆さまと共に、功徳満開の勝利の歴史を開いてまいります。

 

佐賀太陽県婦人部長 古賀 幸子

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください