• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

暁鐘 六十一

 山本伸一がホイットマンの生家を後にした午後四時ごろ、ニューヨーク市にある高校の

講堂では、日本からの親善交流団とアメリカのメンバーによる、日米親善交歓会が行われ

ていた。ニューヨークのコーラスグループが「スキヤキ・ソング」(上を向いて歩こう)、

「森ケ崎海岸」を日本語で歌い、また、バレエやダンスを披露すると、日本の交流団は、

日本各地の民謡や日本舞踊で応え、心和む文化交流のひとときが過ぎていった。

そして、伸一の詩「我が愛するアメリカの地涌の若人に贈る」が発表されたのである。

英語で朗読する青年の声が響いた。

「今 病みゆく世界の中にあって

 アメリカ大陸もまた

 同じく揺れ動きつつ

 病みゆかんとするか

 かつてのアメリカの天地は

 全世界のあこがれと

 新鮮にして

 自由と民主の象徴であった」

詩のなかで伸一は、妙法を護持した青年には、この愛する祖国アメリカを、世界を、蘇生

させゆく使命があると訴えた。

「声高らかに妙法を唱えながら

 そして社会の大地に

 足を踏まえながら

 根を張りながら

 花を咲かせながら

 あの人のために

 この人のために

 あの町の人のために

 あの遥かなる友のために

 走り語り訴えつづけていくのだ」

さらに、あらゆる人びとが共和したアメリカは「世界の縮図」であり、ここでの、異なる

民族の結合と連帯のなかにこそ、世界平和への図式があることを詠っていった。

人類の平和といっても、彼方にあるのではない。自分自身が、偏見や差別や憎悪、反目を

乗り越えて、周囲の人たちを、信頼、尊敬できるかどうかから始まるのだ。

 

 

暁鐘 六十二

山本伸一は、さらに、呼びかけた。

   「意見の違いがあったとしても

  確かなる目的の一点だけは

  忘れずに進みゆく君達よ!

  今日も学べ

  今日も動け

  今日も働け

  そして今日も一歩意義ある前進を

  明日もまた一歩朗らかな前進を

  尊極なる妙法と日々冥合しながら

  社会の泥沼の中に咲く

  蓮華の花の如く

  自己の尊き完成への坂を

  汗をふきながら上りゆくのだ
    
  信仰とは

  何ものをも恐れぬことだ

  何ものにも紛動されぬことだ

  何ものをも乗り越える力だ

  何ものをも解決していく源泉だ

  何ものにも勝ち乗り越えていく

  痛快なる人生行路のエンジンだ」


彼は、広宣流布という新しき時代の建設は、一歩、また一歩と、日々、着実な前進を重ね

ていってこそ、なされるものであることを伝えたかった。また、その戦いは、自己自身の

制覇から始まる、人間革命の闘争であることを知ってほしかったのである。

そして、今、青年たちに後継のバトンを託したことを宣言し、詩を締めくくった。


私は広布への行動の一切を

  諸君に託したのだ

  一切の後継を信ずるがゆえに

  今 世界のすみずみを歩みゆくのだ

  君達が

  小さき道より

  大いなる道を創りゆくことを

  私は信ずる

  ゆえに

  私は楽しく幸せだ」

会場は大拍手に包まれた。この魂の言葉を生命に刻み、アメリカの青年たちは立った。

 

 

暁鐘 六十三

山本伸一がニューヨークを発って、カナダのトロント国際空港に到着したのは、六月二十

一日の午後四時過ぎ(現地時間)のことであった。空港では、カナダの理事長であるルー

・ヒロシ・イズミヤと、議長で彼の妻であるエリー・テルコ・イズミヤをはじめ、大勢の

メンバーが、花束やカナダの国旗を持って一行を出迎えた。

カナダは、伸一が一九六〇年(昭和三十五年)十月、最初の海外訪問の折にトロントを訪

れて以来、二十一年ぶりである。

思えば、その時、空港で一行を迎えてくれたのは、まだ未入会のテルコ・イズミヤただ一

人であった。

彼女は、この年の三月、日系二世のカナダ人で、商社に勤めるヒロシ・イズミヤと結婚し、

四月にカナダへ渡った。

そして、伸一が到着する日の朝、日本に住んでいる学会員の母親から、エアメールが届い

たのだ。そこには、山本会長がカナダを訪れる旨が記され、「ぜひ空港でお迎えしてくだ

さい」とあった。

しかし、行くべきかどうか迷った。身重で気分も優れなかったし、“もしも折伏などされ

たら困る”との思いがあったからだ。それまで、母親から教えられた功徳などの話が、迷

信めいた時代遅れなものに思え、信心に抵抗を感じていたのである。でも、行かなければ

母の願いを踏みにじり、親不孝をするような気がして、空港に向かったのだ。

伸一は、出迎えてくれたことに心から感謝するとともに、家庭の様子などを尋ね、「なぜ

人生にとって信仰が大切か」を述べ、仏法とは、生命の法則であることを語った。

この一年七カ月後、病気がちであった彼女は、健康になれるならと、自ら信心を始めた。

体のことで夫に心配をかけたくなかったし、入会することで、母親を安心させたいとの思

いもあった。

心田に植えられた妙法の種は、時がくれば必ず発芽する。大切なことは、自分に関わる人

びとと仏縁を結び、種を植えることだ。

 

 

暁鐘 六十四

「私は一人で立つ」「自分の足で、敢然と」(注)とは、カナダの画家で作家のエミリー

・カーの心意気である。

信心を始めたテルコ・イズミヤは、たった一人から活動を開始した。日本から送られてく

る「聖教新聞」を頼りに、知り合った人たちを訪ねては仏法対話した。

会合などには、国境を越えて、アメリカのバファローやニューヨークへ、長距離バスや飛

行機で通わねばならなかった。

夫は、彼女の信心のよき理解者であり、よく車で送迎してくれた。しかし、自分は信心を

しようとはしなかった。

夫のヒロシ・イズミヤは、一九二八年(昭和三年)、カナダのバンクーバー島に生まれた。

彼の父は和歌山県からカナダに渡り、一家は漁で暮らしを立ててきた。

四一年(同十六年)、太平洋戦争が始まると、イギリス連邦のカナダにとって、日本は敵

国となった。翌年、日系人は、ロッキー山中の収容所に入れられた。厳冬の季節になると、

零下二〇度を下回った。

カナダに忠誠を尽くすために、軍隊に志願する青年もいた。それを「裏切り」として非難

する人もいた。日系人同士がいがみ合い、心までもが引き裂かれていった。

戦争が終わった。しかし、帰るべき家はなかった。日系人は、日本に帰るか、東部に移住

するか、選択を迫られた。

ヒロシの父は既に七十歳を超えており、「死ぬ時は日本で」との思いがあった。一家は、

父の故郷の和歌山県へ帰った。

やがてヒロシは、東京に出た。大学進学を決意し、進駐軍の基地にある店で働きながら勉

強に励んだ。不慣れな日本語の習得にも努力を重ね、慶応大学の経済学部に進むことがで

きた。卒業後、外資系の銀行に勤めるが、カナダへ帰って日本との懸け橋になりたいとの

思いが募り始めた。彼は、トロントに出張所のある日本の商社に勤務した。

戦争で苦しんだ人には、平和のために生き抜く使命がある。

 

  小説『新・人間革命』の引用文献

  注 ケイト・ブレイド著『野に棲む魂の画家 エミリー・カー』上野眞枝訳、春秋社

 

 

暁鐘 六十五

 一九六〇年(昭和三十五年)、ヒロシ・イズミヤが勤める日本商社の現地法人が設立さ

れた。この年、彼は、日本で知り合ったテルコと結婚した。彼女は、春にカナダへ渡り、

山本伸一のカナダ初訪問の折に、トロントの空港で伸一の一行を迎えたのである。

その後、入会したテルコは、“カナダ広布に生きよう”と思うようになった。また、学会活

動に励むなかで、夫は協力的であるとはいえ、信心しないことが気がかりになっていった。

六四年(同三十九年)の秋、来日した彼女は、カレンという愛らしい女の子の手を引いて、

学会本部に伸一を訪ねた。四年前、お母さんのおなかの中で、一緒に彼を迎えてくれた娘

である。

カナダの地で信心を始めたテルコには、辛いこと、苦しいことも、たくさんあったにちが

いない。彼女は、目を潤ませ、語り始めた。伸一は、何度も頷きながら、話を聞くと、力

のこもった声で言った。

「日々、大変なことばかりでしょう。しかし、経文に、御書に照らして見るならば、あな

たは、久遠の昔に広宣流布を自ら誓願し、地涌の菩薩として、カナダの天地に出現したん

です。この地涌の使命を自覚し、果たし抜いていこうと、決意することです。その人生こ

そ最も尊く、そこにこそ最高の歓喜が、最高の充実が、最高の幸福があることを確信して

ください。

人は、さまざまな宿命をもっています。何があるかわからないのが人生です。また、どん

なに裕福に見える人であっても、老、病、死という問題は解決できず、心には、不安や悩

みをかかえています。

私たちは、あらゆる人びとに、揺るぎない、絶対的幸福境涯を確立する道を教えて、社会、

国家、人類の宿命を転換していくという、誰人もなしえなかった未聞の聖業にいそしんで

いるんです。そう思えば、苦労はあって当然ではないですか。迷いは人を臆病にします。

心を定めることです。その時に、無限の勇気と無限の力が湧きます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください