• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

「新しき歴史を、この手で」

10月2日は「世界平和の日」です。1960(昭和35)年のこの日、池田第三代会長

(現名誉会長)は初の海外指導の旅へと出発します。SGI(創価学会インタナシ

ョナル)は今日、世界192カ国・地域へと拡大していますが、その旅立ちとなった

のが、まさしくこの日だったのです。

「新しき歴史を、この手で、断固、開くのだ」。世界広布への旅立ちを前に、32

歳の池田会長の胸には決意の炎が燃え上がっていました。

世界への広宣流布は日蓮大聖人の御遺命であるとともに、戸田第二代会長から託さ

れた使命でもありました。戸田会長は逝去の直前、池田名誉会長に対して次のよう

に語っています。

「君の本当の舞台は世界だよ」「世界へ征くんだ」と――。機上の人となった池田会長の胸のポケットには恩師・

戸田会長の写真がありました。

 

一人ひとりを全力で激励

池田会長の初めての海外訪問は、アメリカ、カナダ、ブラジルの3カ国9都市を24日間でまわる厳しい旅程で

した。そこには、同志も少ない土地で健気に信心を続けてきた日本からの移住者や日系人など、少数ながらも

学会員がいました。池田会長はそんな一人ひとりを全力で励まし、信心の楔を打ち込んでいきました。

世界の広宣流布という壮大な目標から見ると、きわめて地道な戦いではありましたが、“一人の蘇生なくして世界

広布の実現はない”と、池田会長は焦らず着実に歩みを進めたのでした。

旅の途中、池田会長が体調を崩し、同行幹部が海外激励行の中止を進言することもありました。しかし、池田

会長は「もし、倒れるなら、倒れてもよいではないか!」と語り、同志の待つ地への訪問を続けたのでした。

池田会長は次のように記しています。

「新しき開拓に、困難と労苦が伴うのは当然である/それを突き抜ける炎のような覇気と闘争によってのみ、広布

の開拓はなされるのだ」

この言葉どおり、池田会長の命を削った激闘によって、世界広布への大道が開かれ、仏教史上かつてない現在の

SGIの発展へとつながっていったのです。

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください