• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

雄飛 五十六

「メキシコの詩心に思うこと」――それが、グアダラハラ大学での山本伸一の記念講演の

タイトルであった。彼は、“ 太陽と情熱の国 ”メキシコの人びとの独特な心の豊かさにふ

れつつ、そこにある詩心や笑顔は、心と心の回路の開放を意味しており、平和の建設、文

化の交流においても、この心の回路の開放こそが肝心であることを論じた。また、メキシ

コの人びとがラテンアメリカ地域の非核化に、強いイニシアチブをとって努力を続けてい

ることに深い敬意を表したのである。  

伸一は、グアダラハラから、アメリカのロサンゼルスに戻り、さらにハワイを訪問。ここ

でも、懇談会や御書研鑽会で入魂の指導を重ね、三月十二日に帰国した。  

彼は、渾身の力を尽くして、日本の、世界の同志への激励行を続けてきたのである。広布

は、次第に上げ潮へと転じ始めていた。  

そして、5・3「創価学会の日」を祝賀する記念行事が、晴れやかに創価大学で開催され

た。伸一は、五月二日から五日まで、連日、記念勤行会、記念祝賀会等に出席した。  

創価の師弟の陣列は、薫風のなか、さっそうと二十一世紀への行進を開始したのだ。   

“ さあ、世界の平和のために、走り続けよう! ”――伸一は、五月九日、休む間もなく、

ソ連、欧州、北米訪問へと旅立っていった。  

最初の訪問国であるソ連は、世界から非難の集中砲火を浴びていた時であった。一九七九

年(昭和五十四年)十二月、ソ連軍がアフガニスタンに侵攻したことから、八〇年(同五

十五年)夏のモスクワ五輪を、六十を超える国々がボイコットし、ソ連は国際的に厳しい

状況に追い込まれていたのである。  

しかし、伸一は、すべてを政治的な問題に集約させ、対話の窓口を閉ざしてはならないと

考えていた。そんな時だからこそ、文化・教育を全面的に掲げ、民衆の相互理解を促進す

る民間交流に、最大の力を注ぐべきであるというのが、彼の信念であった。

 

雄飛 五十七

今回の山本伸一のソ連訪問は、ソ連高等中等専門教育省とモスクワ大学の招聘によるもの

であった。彼は、日ソ両国の教育・文化交流を推進し、そこから、新たな友好の道の突破

口を開こうと決意していた。

一行は、富士鼓笛隊、創価大学銀嶺合唱団など、総勢約二百五十人という大訪問団となっ

た。そして、モスクワ大学の学生や市民と幅広く交流を図っていったのである。

伸一は、八日間のソ連滞在中、「子どものためのオペラ劇場」であるモスクワ児童音楽劇

場を訪問し、同劇場の創立者であるナターリヤ・サーツ総裁と友誼を結んだのをはじめ、

ソ連の要人たちと平和・文化交流をめぐって、次々と語らいを重ねていった。

P・N・デミチェフ文化相やV・P・エリューチン高等中等専門教育相、ソ連対外友好文

化交流団体連合会(対文連)のZ・M・クルグロワ議長、ソ日協会のT・B・グジェンコ

会長(海運相)、モスクワ大学のA・A・ログノフ総長、ソ連最高会議のA・P・シチコ

フ連邦会議議長らと、活発に意見交換したのである。

その間に、レーニン廟や、故コスイギン前首相の遺骨が納められているクレムリン城壁、

無名戦士の墓を訪れて献花した。なかでも前首相の墓参は、今回の訪ソの大切な目的の一

つであった。

コスイギンが死去したのは、前年十二月のことであった。伸一は、前首相とは、二回にわ

たってクレムリンで会見していた。中ソ紛争が深刻化するなかで初訪ソした一九七四年

(昭和四十九年)九月の語らいで、率直に「ソ連は中国を攻めますか」と尋ねた。

その時、コスイギンは、「ソ連は中国を攻撃するつもりはありません」と明言した。伸一

は、彼の了承を得て、この年十二月の第二次訪中で、中国首脳にその言葉を伝えた。

“ 中ソが戦争に踏み切ることだけは、なんとしても避けてもらいたい ”――伸一は、今の

自分にできることに、力を尽くした。

平和の大道も、地道な一歩から開かれる。

 

雄飛 五十八

五月十二日、山本伸一は、創価学会がソ連文化省、モスクワの東洋民族芸術博物館と共催

で行った「日本人形展」のオープニングの式典に出席した。さらに、この日午後、コスイ

ギン前首相の息女であるリュドミーラ・グビシャーニが館長を務める、国立外国文学図書

館を訪れ、会談したのである。  

ベージュのセーターと青のスーツに身を包み、柔和で理知的な笑みをたたえた彼女の澄ん

だ瞳に、コスイギンの面影が宿っていた。  

伸一が、墓参の報告をし、弔意を述べると、彼女は、声を詰まらせながら応えた。「先生

がおいでくださったことに、人間的な心の温かさを感じ、感激で胸がいっぱいです」 

そして、前首相が伸一と初めて会った日のことを、懐かしそうに語り始めた。 

「その日、執務を終えて家に帰ってきた父が、私に、『今日は非凡で、非常に興味深い日

本人に会ってきた。複雑な問題に触れながらも、話がすっきりできて嬉しかった』と言い

ました。

また、『会長からいただいた本を大切に保管しておくように』と、私に委ねたのです」

それから彼女は、「ぜひとも先生に、何か贈らせていただこうと、家族全員で相談いたし

ました」と言い、ガラス製の花瓶を差し出した。

コスイギンが六十歳の時、「社会主義労働英雄」として表彰された記念品であった。  

さらに、革で装丁された二冊の本が贈られた。前首相の最後の著作であり、他界するまで

書斎に置かれていた本である。  

「父の手の温かさが染み込んでおります。父に代わって、私からお渡しいたします」  

伸一は、感謝の意を表しつつ語った。  

「この品々には、大変に深い、永遠の友誼の意義が含まれております。日本の民衆に、

そのお心を伝えます。ご家族の方々のご多幸をお祈り申し上げます」  親から子へ、世代

を超えて友情が結ばれていってこそ、平和の確かな流れが創られる。  

別れ際、いつまでも手を振り続ける彼女の姿が、伸一の心に深く刻まれた。

 

雄飛 五十九

十三日午前、山本伸一と峯子は、モスクワ市内のノボデビチ墓地を訪れ、四年前に死去し

たモスクワ大学のR・V・ホフロフ前総長の追善を行ったあと、ホフロフ宅を訪問した。

伸一たちは、エレーナ夫人、長男のアレクセイ、次男のドミトリーと、亡き総長を偲びな

がら、語らいのひとときを過ごした。長男は、モスクワ大学の物理学者であり、次男も大

学院で物理学を学んでいた。

遺族は、伸一たちの訪問を心から喜び、代表して長男が、感謝の思いを語り始めた。

「父に敬意を表して、わざわざおいでいただき、ありがとうございます。今回の先生のソ

連訪問は、天候にも恵まれ、天も祝福しているかのようです。今、モスクワは、長い冬が

去り、緑が萌え、自然がみずみずしい生命を回復する時を迎えています」  

すかさず伸一が言った。 「ご一家も今、同じような時期に入りました。悲しみの冬を越

え、希望が萌え、生命の回復の時がきました。あとに残ったご家族が元気であることを、

亡き総長も願望していることでしょう。特にご子息は、学びに学び、お父様をしのぐよう

な大学者になり、社会に貢献するとともに、幸せになってください」

アレクセイが頷きながら語った。

「父は、いつも先生のことを話していました。直接、お目にかかれて嬉しい限りです」

「お父様のことを偲びながら、これから、何回でもお会いしましょう。いつか日本にも、

創価大学にも来てください」

夫人が、しみじみとした口調で言った。

「先生とは、ずっと一緒にいたような親しさを感じます」

心は響き合い、語らいは弾んだ。

ホフロフ家から、遺稿を収めた論文集と、山で写した故総長の写真が贈られた。「山登

りが好きな人でした」と夫人が目を細めた。

一家との交流は、その後も重ねられていった。地中深く根が張り巡らされ、草木が繁茂

するように、民衆の大地深く友情の絆が張り巡らされてこそ、平和の緑野は広がる。

 

雄飛 六十

山本伸一は、正午にはモスクワ大学を訪問し、ログノフ総長と対談した。総長は、ソ連科

学アカデミー正会員であり、著名な理論物理学者でもある。

実は、この年の四月に総長が来日し、会談した折、日ソの友好と人類の平和のために、教

育交流の重要性を語り合う対談を行っていきたいとの要請があったのである。

伸一は、未来に平和の思想と哲学を残すために、対談を行うことに合意し、この訪ソまで

に、総長への多岐にわたる質問を用意して会談に臨んだのである。

そして、「現代科学をめぐる諸問題」「宗教と文学」「戦争と平和と民族」「文化交流へ

の課題」など、対談の骨子について語ると、総長も大いに賛同した。

会談に先立って、ログノフ総長に、創価大学名誉教授の称号が贈られた。その際、総長は

人類の平和を守る大学の使命に触れ、核兵器の問題について、次のように語った。

「もし、今、核兵器が使用されたならば、人類は完全に滅亡してしまう。したがって、知

恵ではなく、力で平和が守られるという考えを捨てるべきです。そうでないと核戦争を認

めることになってしまう」

語らいは、モスクワ大学付属アジア・アフリカ諸国大学の主任講師であるL・A・ストリ

ジャックの通訳で進められた。

「核戦争は断じて回避しなければならないし、人類存続の道は文化交流による平和の建設

しかない」というのが二人の強い確信であり、共鳴音を奏でながら意見交換が続いた。

二人の語らいは十三回に及び、その間に、一九八七年(昭和六十二年)六月には、対談集

『第三の虹の橋――人間と平和の探求』を出版。続いて九四年(平成六年)五月には『科

学と宗教』が発刊されている。

世界の平和は、心の結合から始まる。そして、「人間」「平和」という原点に立てば、社

会体制やイデオロギーの壁を超えて、人と人は理解し合い、共感し合い、心を結び合える

――それを伸一は、世界に示したかった。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください