• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

強盛な祈りを根本に報恩の人生を

2017年8月18日              

 

日蓮がたましひをすみにそめながして・かきて候ぞ信じさせ給へ

(経王殿御返事、1124頁)               

 

(通解)                

この御本尊は日蓮の魂を墨に染めながして書き認めたものである。信じ

いきなさい。 

 

日蓮大聖人の御生命が認められた御本尊を信じていきなさい、との仰せ

です。私は母に連れられ、1956年(昭和31年)に入会。その後、

父と弟も入会し、広布に走る両親の姿を見て、信心に励むようになりま

した。しかし、大学受験に失敗。心が絶望と不安に覆われていたころ

先輩からこの御文を教わりました。  “どん底にいる自分を何とかしたい”

と毎日、真剣に題目を唱え抜く中で、心に少しずつ光明が差すようにな

りました。また、高等部時代に参加した夏季講習会での池田先生の激励

思い起こし、師匠をもつ人生の素晴らしさを実感。信心の確信をつか

むことができました。その後、無事に進学し、卒業後は会社の役員秘書

として働きながら、広布の庭でも女子部のリーダーとして友と共に黄金

の歴史を刻んで婦人部へ。きょうまで「負けない人生」を歩んできまし

た。本年は、先生が桜ケ丘文化会館に来館されて40周年の佳節です。

先生、そして同志の皆さまへの報恩感謝を胸に、周囲に勇気と希望を送

ることができるよう一段と自身を磨き、人材育成に尽力してまいります。

東京・多摩桜城区総合婦人部長 八木沢恭子

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください