• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

信心根本に揺るがぬ幸福境涯を

2017年8月16日               

 

我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なくば

自然に仏界にいたるべし、天の加護なき事を疑はざれ

現世の安穏ならざる事をなげかざれ

(開目抄、234頁)               

 

(通解)                

私と私の弟子は、多くの難があろうとも、疑う心を起こさなければ、

自然に仏界に至るであろう。諸天の加護がないからと、疑ってはな

らない。現世が安穏でないことを嘆いてはならない。  

 

いかなる難があっても疑うことなく信心を貫けば、成仏の境涯を得

られると仰せです。  

1956年(昭和31年)、経済苦で悩む中、宿命転換を懸けて、

家族5人で入会しました。  

73年1月13日に豊田で行われた記念撮影会で、初めて池田先生

お会いしました。温かなまなざしで励ましてくださった“女子部は幸

せになりなさい”との言葉に、「絶対に信心を貫き、幸福になろう」

と決意。79年に結婚し、3人の子宝にも恵まれ、家族全員で信心に

励んできました。  

4年前、宿命の嵐がわが家を襲いました。長女が出産した後、病に

倒れたのです。「今こそ信心で乗り越える時」と、この御文を胸に、

家族一丸となって題目を唱え抜きました。同志の励ましにも勇気を

いただき、長女は後遺症も残らず1カ月で退院。信心の確信をつか

むことができました。  

これからも師匠からいただいた指針を胸に、自身の人間革命と地域

の友好拡大に挑戦し、全てに勝利してまいります。

愛知・名古屋常勝総県副婦人部長 江良美恵


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください