• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

第3回 未来部E-1グランプリ 課題文(英語)

※配役の性別によっては名前を変更してもかまいません。

 

☆シーン:ここは宇宙船「みらい号」。世界市民になりたいユウキは、ジーニーの魔法で宇宙に

         飛び出しました。ユウキとジーニーが、船長となにやら話をしています。

 

Yuki                : Gee, a global citizen sounds really cool.

                          But I wonder how I can become one . . .

                          Oh! Wait, Captain! What’s that country over there?

Captain         : Hold on! Genie, please hand Yuki your telescope.

Genie             : Of course! This is a magic telescope!

                          Here Yuki, take a look inside. [Genie hands the telescope to Yuki]

Yuki                : Wow, awesome! [Yuki looks inside the telescope]

 

—Someone from a foreign country appears—

 

A ある国と人の名前を決め、その国の特徴を作文・英訳します。

 

Yuki                : Whoa!!

Asha              : Hi, everyone! My name is Asha, and I’m from India!

Yuki                : Nice to meet you, Asha! My name is Yuki!

Captain         : Welcome aboard spacecraft Mirai!

                          Asha, please share something about India with us.

Asha              : India is a country where many different ethnic and cultural groups live together!

                     That’s why the Indian currency notes have 17 languages printed on them.

Genie             : Oh, really? I didn’t know that.

 

B ユウキが世界市民になるために挑戦することを作文・英訳します。

 

Yuki                : I want to find out how to become a global citizen. Asha, do you have any ideas?

Asha              : I also wanted to become a global citizen.

                          That’s why I travelled the world and studied 20 languages.

Genie             : Wow, that many languages? That’s amazing!

Yuki                : I guess I have a long way to go . . .

Asha              : But I realized that to become a global citizen, it’s important that we start by saying

                          “Hi” and reaching out to those around us.

Genie             : I see, so you’re spreading friendship from where you are.

Captain         : That’s wonderful! President Ikeda says:

“What makes us global citizens is our spirit, and also the actions we take on a daily basis.”

                          It’s important to take action for society and for others by doing what you can now,

                          right where you are.

Yuki                : Okay, I got it!

                          I’ll start by having the courage to say “thank you” to my family when I get home!

 

C 最後、全員での掛け声を作文・英訳します。

 

Everyone      : All right! Let’s go back home!

 

 

第3回 未来部E-1グランプリ 課題文(和訳)

※配役の性別によっては名前を変更してもかまいません。

 

☆シーン:ここは宇宙船「みらい号」。世界市民になりたいユウキは、ジーニーの魔法で宇宙に

         飛び出しました。ユウキとジーニーが、船長となにやら話をしています。

 

ユウキ      :世界市民ってかっこいいなあ。でも、どうやったら世界市民になれるんだろう。               あ!船長!あの国ちょっと気になります!

船長        :よし! ジーニー、君の望遠鏡をユウキに貸してあげて。

ジーニー    :もちろん!これは魔法の望遠鏡だよ!のぞいてごらん。(ユウキに望遠鏡を渡す)

ユウキ      :おもしろそう!(ユウキは望遠鏡をのぞきこむ)

 

―ある国の人が目の前に現れる―

 

A ある国と人の名前を決め、その国の特徴を作文・英訳します。

 

ユウキ      :わあ!

アーシャ    :やあ、みんな!わたしはアーシャ!インドから来たよ!

ユウキ      :はじめまして、アーシャ!ぼくはユウキ!

船長        :「みらい号」へようこそ。アーシャ、インドについて私たちに何か教えてよ。

アーシャ    :インドは、色んな民族が一緒に生活している国だよ!

              だから、お金には17もの言語が印刷されているんだ。

ジーニー    :そうなんだ。知らなかったよ。

 

B ユウキが世界市民になるために挑戦することを作文・英訳します。

 

ユウキ      :実は、世界市民になる方法を探しているんだ。

             アーシャは何か知らないかな?

アーシャ    :わたしも世界市民になりたくて、世界を一周して、20か国の言葉を勉強したんだよ。

ジーニー    :うわあ、そんなにたくさん!?すごーい!

ユウキ      :気が遠くなるなあ…。

アーシャ    :でもね、世界市民になるには、まずは身近な人にあいさつをしていくことも

                   大切だと気がついたんだ。

ジーニー    :なるほど!今いる場所から友情を広げているんだね。

船長                :素晴らしい!池田先生は、

                        「『世界市民』とは『心』で決まる。日ごろの『行動』で決まります」

                           と言われているよ。

                           今いる場所で、人のため、社会のために、できることから挑戦することが大事だよ。

ユウキ      :そうか!

じゃあ、まずは感謝を伝える勇気を持つ!家に帰ったら家族に「ありがとう」と言うよ!

 

C 最後、全員での掛け声を作文・英訳します。

 

全員        :さあ、家に帰ろう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください