• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

“戦う壮年の陣列”を一段と拡大

2017813

 

 『未だ広宣流布せざる間は身命を捨て随力弘通を致す可き事

(日興遺誡置文、1618頁)

 

(通解)
 未だ広宣流布が成就しない間は、身命を捨て、力の限り妙法を弘めておく

べきである。

 

 力の限り仏法を語りぬき、弘めていきなさい。との日興上人の御遺命です。

1955年(昭和30年)、私が幼い時に一家で入会。広布一筋だった父母の信

心の姿勢を見て育ちました。

創価班に入り、素晴らしい先輩たちに恵まれ、鍛えの青春時代を。

その時、先輩から教わったのが、この御文です。師弟不二の生き方を学び、

真っすぐに広宣流布に生き抜く決意を固めました。

85年(同60年)10月に池田先生が広島・岡山に訪問された際、人材グループ

の一員として、師匠のもとで薫陶を受け、生涯の原点を築きました。この間、

父から継いだ会社が倒産の危機に。先生の指導を胸に、題目を唱え、真剣勝負

で仕事に励んだ結果、乗り越えることができたのです。

振り返ると、幼い頃から人前で話すのが大の苦手だった私が、学会の庭で多く

の同志と共に広布の道を歩めること自体が、何よりの功徳だと実感しています。

現在、総県壮年部長として、率先垂範で活動に取り組み、家庭訪問に走ってい

ます。これからも”戦う壮年の陣列”を一段と拡大してまいります。

岡山池田総県壮年部長 川田 和市

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください