• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

家族の絆

 

昭和3年(1928年)1月2日。池田大作名誉会長は、東京・

大森で海苔製造業を営む家の、8人きょうだいの5男として

生まれた。 父・子之吉は、寡黙な人。一本気で頑固だが、お

人よしで面倒見のよい一面もあった。周囲からは“強情さま”

と呼ばれ、筋を通す父であった。 母・一(いち)は快活で明

るく、働き者。父がリュウマチを発病し、家業が傾いたとき

にも「うちは貧乏の横綱だ」と明るく言うような、芯の強い女

性だった。「人に迷惑をかけるな。ウソをつくな」と、口ぐせ

のように言う以外、子どもらの好きにさせ、叱るようなことはめったになかった。 戦争が始まると、4人の兄は

次々に出兵。病に伏していた父に代わり、懸命に一家を支えた。 昭和20年(1945年)5月の空襲は、一家を直

撃。弟と二人で必死に長持を一つ持ち出した。一家の唯一の財産となった長持を開けると、雛飾りとコウモリ傘

が一本入っていただけだった。家族が落胆するなかで母は言った「このお雛様が飾れるような家にきっとまた住

めるようになるよ」 剛毅な父と、明るく優しい母のもとで過ごした少年時代は、厳しい時代のなかにも、明るく、

温かなものだった。

 

夫人への師の指針

昭和26年(1951年)の初夏のこと。ある会合の帰り道、池田

大作青年は白木という旧知の友人と偶然一緒になった。白木

は、側の女性を「妹です」と紹介した。後の香峯子夫人であ

る。 昭和27年5月3日、戸田第二代会長が見守るなか、二人

は結婚式を挙げた。新郎24歳、新婦20歳であった。 「この日

は、ちょうど一年前、戸田先生が会長に就任された意義ある日

であった」(『私の履歴書』) 戸田会長は、香峯子夫人に妻の

心構えとして、「家計簿をつけること」「どんなに不愉快なこと

があろうと、朝晩、夫を笑顔で送り迎えすること」の2点をアドバイス。「私は二人をどこまでも守っていきます」

と、慈愛に満ちたはなむけの言葉を述べた。 結婚後、恩師の言葉通りに、こまめに家計簿を記し、いつも笑顔で

夫を送り出し、笑顔で迎えた香峯子夫人。 池田名誉会長は、夫人への感謝の言葉を問われ、語った。 「妻に感謝

状をあげるとしたら、『微笑み賞』でしょうか」

 

池田家の子育て

池田大作名誉会長は多忙ななかにあっても、三人の子息と過

ごす時間の少なさを補う工夫をしながら、香峯子夫人と共に

子育てに取り組んだ。 たとえ帰宅が深夜になっても、子ども

たちの様子を、毎日必ず夫人から聞いた。出張先からは、三

人の子どもたち一人ひとり別々に手紙を書いた。どこまでも、

子どもを一人の人格として尊重したのだ。 常に心がけたのは

「子どもとの約束は守る」ということ。急用で、どうしても

約束が守れなくなるようなときは、夫人が子どもたちの気持

ちをうまくフォローした。 「子育ての要諦は夫婦の巧みな連係プレーにあるといえよう」と、池田名誉会長はつづっ

ている。香峯子夫人と二人三脚で、多忙な中にも温かな家庭を築いた名誉会長の、実感が込められた言葉である。

 

共に闘う同志

昭和35年5月3日——夫の第三代会長就任式で香峯子夫人は、

ひとつの決意をした。「これは、主人の使命であり、主人でな

ければできない仕事なのだから、主人が精一杯、仕事ができる

ように、私は努力しよう」 池田大作名誉会長の国内外への出張

には、医師の強い要望を受け、夫人も同行するようになった。

激務が続く夫の体調を見て、海外の宿泊先で米を炊き、粥など

の食事をつくることもあった。 名誉会長は語る。「妻は私に

とって、人生の伴侶であり、ときには看護師であり、秘書であ

り、母のようでもあり、娘か妹でもあり、何より第一の戦友です」 要人・識者との会談など、名誉会長の対外的な

活動に同行する機会が増えると、夫人は“微笑みの外交官”として信頼を幾重にも重ねてきた。近年、その誠実な振る

舞いを讃え、名誉会長とともに夫人への顕彰が相次いでいる。 池田名誉会長のたゆみなき行動——それは、同じ目

的を目指し共に進む香峯子夫人と、家族の絆という確かな基盤に支えられているのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください