• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

拡大の突破口を開く!

201787

 

『強盛の大信力をいだして法華宗の四条金吾・四条金吾と鎌倉中の

上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ』

(四条金吾殿御返事、1118頁)

 

(通解)

強盛の大信力を出して、法華宗の四条金吾、四条金吾と鎌倉中の上下万民

および日本国の一切衆生の口にうたわれていきなさい。

 

強盛な信心を貫き、信心の実証を示して名を上げていきなさい、との仰せ

です。

父が病を患っていたため、幼い頃から父の回復を祈る中で信心の大切さ、

池田先生の偉大さを生命に刻んできました。

中学時代、いじめをきっかけに内向的になり、信心に反発するように。

そんな私を温かく育んでくれた同志や家族に応えようと決意し、創価大学

に進学しました。

学生時代、対話に励んだ結果、卒業直前に人生初の弘教が実り、師への誓

いを果たことができたのです。

卒業後は、”沖縄広布のために”と郷里で就職。やがて仕事で悩み、先輩に

相談したところ、「現状を乗り越えるには折伏しかない」と確信の一言が。

一念を定めて唱題に徹し、弘教を実らせた時、全てを勝ち開くことができ

ました。

沖縄は、明年の「11.18」に向け前進しています。自身が突破口を開

こうと、本年、弘教を果たしました。

希望の青年の拡大で、「世界で最初の広宣流布の地帯」を築いてまいります。

 

沖縄総県男子部長 前島 常仁

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください