• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

日興上人(にっこうしょうにん)

 

日興上人は甲斐国中巨摩郡大井の生まれ、父は大井から移ってきた大井橘六、母は妙福であった。

幼少のおり父が亡くなり、母方の富士河合家の由比家に養われた。成長して岩本の実相寺に上がり、出家して

伯耆公と呼ばれた。日蓮大聖人が岩本実相寺にご入蔵のおり、高徳をしたって弟子となり、後に白蓮阿闍梨と

法名を賜った。

ついで日蓮大聖人にお供して鎌倉へはいり、伊東流罪のおりにも、常に随ってご給仕申し上げ、伊豆に佐渡に

折伏の縁を後年まで日興上人の法縁に浴する者が数多くできた。またその間に書道に達しておられたため御代

筆をされ、御本尊の代筆までされている。

また熱原の法難には日興上人の直弟子の日秀・日弁が活躍し、南条時光も外護の任にあたったが、ついに神四

郎等三人が斬罪に処せられた。このとき日蓮大聖人は日興上人の格別なる化導、活躍を嘉せられて、本門戒壇

の御本尊をご図顕され、日興上人に付嘱されたのである。

弘安5年(1282年)、日蓮大聖人ご入滅のおりには、その記録を記され(御遷化記録)、御骨を奉持して身延

山へはいり、御遺状どおり身延山の別当職に就任した。他の五老僧はおのおの本国へ引き上げて行った。

墓輪番を制定しておきながら、その後は誰一人、身延へくる者はなく、自然に一切を日興上人におまかせの体

であった。

三回忌を過ぎて民部日向が身延に登山してきたので、日興上人は喜んで学頭職につけられた。

しかし、当時門下は、すでに硬・軟に分かれ、信心・修行・教義等すべて日蓮大聖人ご在世どおりに実行する

謹厳な日興上人に対し、五老僧等は世間に迎合して天台沙門と名乗ってまで幕府の迫害を逃れようとしていた。

身延の地頭・波木井(はぎり)氏は次第に日向の軟風に染まり、数々の謗法をあえてするにいたった。

日興上人は何度も波木井氏を諫められたが、いっこうに聞き入れず、このままでは日蓮大聖人の正義を顕揚す

ることができないと、熟慮万考のすえ、ついに正応2年(1289年)春、身延山を出発され河合の由比家にいた

り、ついで南条家の持仏堂に移られ、大石が原に本寺を選定された。

大石寺の完成後、日興上人はほど近い重須(おもす)郷に移られて新進の弟子を養成された。

日興上人は富士へ移られてから40余年の後、一切を第三祖に日目上人に付嘱せられて正慶2年(1333年)

86歳の高齢をもって遷化された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください