• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

壁を破る勇気で勝利の道を前進

2017年8月4日

 

妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば

全く妙法にあらず麤法なり、麤法は今経にあらず今経にあらざれば

方便なり権門なり

(一生成仏抄、383頁)

 

(通解)

妙法蓮華経と唱え、受持するとはいっても、もし自身の心の外に法が

あると思うならば、それは全く妙法ではなく麤法(劣った粗雑な法)である。

麤法は、法華経ではない。法華経でなければ方便の教えであり、仮の教えである。

 

題目を唱えていても、妙法が自身の心の外にあると思っている限り、

それは妙法にならず、麤法になってしまうと仰せです。  

大学を卒業後に発心し、弘教に励みましたが、なかなか実りません

でした。男子部の先輩が、この御文を拝して「一念を転換すれば、

必ず状況を打開できる」と激励してくださり、自身の対話が独り

よがりになっていたことを反省。

初めての弘教が実った時の喜びは、生涯、忘れることができません。  

2010年(平成22年)、全国代表者会議の席上、先生が夕張炭労

事件を通して教えてくださった「一番、状況の悪いところで勝つ。

それが本当の勝利者である」との指導が自身の原点です。  

現在、10月に京都で開催予定の「新時代全国男子部幹部会」を目指して、

青年部を先頭に弘教・拡大に挑戦しています。

「壁を破る勇気」で勝利の道を開き、師恩に報いてまいります。

京都・伏見南区長 嶋村雄策


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください