• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

全国未来部夏季研修会への池田先生のメッセージ

2017年8月2日

 

         何があっても朗らかに前へ! 

             君よ信念と英知の走者たれ

 

わが師・戸田城聖先生と初めてお会いしてより70年の8月を、

今朝、私は万感の思いで迎えました。  

当時の私と同じ年代の心凜々しき高等部の友が、日本全国より、

創価大学へ集い合ってくれているからです。

恩師が10代の私に授けてくださった後継の旗を、奇しき縁で結

ばれた君たち、あなたたちに譲ることができるからです。 

皆、祈り、学び、挑戦と努力を重ねて、参加を勝ち取ってくれ、本当にありがとう!  

私の心を分かち合ってくれる担当者の方々の尊い献身に、厚く感謝申し上げます。 男女青年部また学生部をはじ

め、陰で支えてくれている皆さん方、お世話になります。 誇り高き「正義の走者」の皆さんに、きょうは三つの

創価後継の「道」を託したい。  

第一に、「平和の未来へ羽ばたく『英知の翼の道』」です。 「英知を磨くは何のため 君よ それを忘るるな」

――私が創価大学生に贈った指針です。皆さんが日々、勉学に挑んでいることは、とても地味に思えるかもしれ

ない。しかし、ひとたび自らの使命を深く自覚するならば、今、地道に磨いている英知は、全て未来へ羽ばたく

翼となります。これからの人類の平和を創る希望の力なのです。 私が対話を重ねた中国の文豪・王蒙先生は、

80代の今も学び続け、語られています。 「進まざれば後退。これが学習の特質です」と。 何があっても前

へ前へ! 倒れても、また立ち上がって、 たくましく朗らかに前へ!  学べ、学び抜け!  創価のメロスは、

不屈の「英知の走者」であっていただきたい。 第二に、「共々に勝利の前途を照らしゆく『友情の光の道』」

です。 日蓮大聖人は、『人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし』(御書1598頁)と仰

せになりました。友情の火をともすことは、そのまま互いの前途を照らす光となるのです。

創価学会は、生命の尊厳に目覚めた一人一人が、悩める友のために、友情の火、励ましの火をともし、民衆の勝

利の前途を照らしてきたスクラムです。かけがえのない、この光の道を、皆さんは胸を張って進み、地球の明日

を輝かせていただきたいのです。 とりわけ、今回の研修の仲間とは、仲良く楽しく、一生涯の絆を築いてくだ

さい。  

最後に、「信仰の無敵のエンジンで勝ち進む『栄光の巌の道』」です。 戸田先生は、「生きるならば、大哲学、

大思想、大宗教を持ち続けて、栄光の一生を飾れ!」 と叫ばれました。 直弟子の私は、その通り、70年間、

走り抜いてきました。 それは、御書に「魔競はずは正法と知るべからず」(1087ページ)と仰せの如く、

一番正しいからこそ、一番魔が競い起こる苦難の道でありました。  しかし、正義の信仰とは、この世で最も

尊く、最も強い無敵のエンジンです。  私は、この究極の信念の力で、どんな試練も圧迫も、 創価の同志と乗り

越えてきたのです。 不二の弟子である皆さんもまた、題目を唱え抜きながら、行く手に立ちはだかる、あらゆ

る巌を断固と勝ち越え、前人未到の峰に栄光の旗を翻していただきたいのです。 ともあれ、21世紀の開幕の

時に生まれ出でた黄金世代の皆さんを、 私は地涌の本命と定め、 ずっと見守り続けていきます。 この三日間、

見違えるように大成長して、帰ったら、送り出してくれたご家族や地域の方々に、最高に晴れ晴れとした笑顔で、

「ありがとう!」と伝えていただくことをお願いして、私のメッセージとします。 

従藍而青の愛弟子の君たち、あなたたちに健康あれ! 勇気あれ! 凱歌あれ!(大拍手)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です