• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

維摩詰 (ゆいまきつ)

 

◇維摩経の維摩詰(ゆいまきつ)の精神。

大乗教の維摩経(ゆいまきょう)。 そこに、在家の菩薩である維摩詰(ゆいまきつ)が描かれている。

あるとき、維摩詰が病気になる。見舞いに訪れた文殊師利(もんじゅしり)が、「あなたは何故、病気になった

のですか?」と尋ねる。病床に伏していた維摩詰は、「一切衆生が病む故に、私も病むのです。もし、一切衆生

の病が消えるなら、私の病も消えるでしょう。菩薩の病は、大慈悲から生じるのです」と語る。

開目抄には、「維摩経に云く『維摩詰又文殊師利に問う何等をか如来の種と為す・答えて曰く・一切塵労の疇

(ともがら)は如来の種と為る・五無間を以て具すと雖(いえど)も猶(なお)能く此の大道意を発す」等云云

(192頁)と記されている。

池田先生は聖教新聞に、維摩詰について次のように述べられていた。—————————— 仏法における

菩薩の究極の精神が示されています。 あらゆる人の苦しみを我が苦しみとし、同苦し、それを共に乗り越えてい

く。 そのために、あえて自らも病気の姿を現しているというのです。 仏法では、このことを願兼於業(がんけん

おごう)と説きます。  人々を救うために、自ら願って悪世に生れ、宿業と戦う。そして、自らの生き方、振る舞

いを通して、仏法の偉大さを教えていく。 その人にしか救えない人が必ずいる。 その人にとっては、眼前の病気

との闘いこそが、即、一生成仏と広宣流布の使命の戦いなのです。 ——————————加えて、池田先

生は、「信心がないから病気になるのではない。 信心を強めて、人間革命をするために病気がある」とも語られ

ている。(大白蓮華の巻頭言)

人生の途上で、人は病気もするし苦難にも遭う。 悩みも悲しみもある。 けれど、一切は、「その人にしかできな

い使命の種子」になる。 私も課題が沢山あります。私も病気も怪我もします。 でも、見ていてください。全部、

使命に開きますから。私、頑張りますから! ですから、皆さんも開いてください。頑張ってください!(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください