• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

光日尼(こうにちあま)

 

☆子を失った母の信心

光日尼(こうにちあま)は安房国東条郡(千葉県)の在家信者です。 夫に先立たれ、武士である息子(弥四郎)

にも先立たれました。 息子は「容貌も立派で素直」な誉れの息子でした。 弥四郎は光日尼ととともに大聖人の

弟子でした。

弥四郎(やしろう)は、主君に仕える武士でした。このため何らかの戦(いくさ)に参加するように命じられて

いたようです。

弥四郎は大聖人に手紙を書きました。「弓矢をとる人に仕えていて暇(いとま)がない上、事が急になり申し上

げます。世間は無常です。自分はいつ死ぬかも知れません。私は武士ですから言い渡されれば逃げることはでき

ません。 しかし、後生を思えば恐ろしくて仕方ありません。 どうか、お助け下さい」 このことに大聖人は経文

を引いて指導されています。その指導を受けて、弥四郎は問題を解決します。それから時が過ぎ、一通の手紙が

大聖人のもとに届きました。 母の光日尼からの「弥四郎の訃報」の手紙でした。 息子の死から2年を経ていま

した。 光日尼は大聖人に質問しました。

「弥四郎は人を殺した者なので、後生はどのような所に生れるのでしょう」大聖人は返書をしたためられました。

「この訃報を知り、まるで浦島太郎の玉手箱を開けたようでした」同苦され、希望の灯をともしていく返書でし

た。「大きな罪であっても、悔い改め妙法を行じるならばその罪は消える」「たとえ人を殺し“悪人”と呼ばれよ

うと、あなたが追善を行なえば成仏できる。まして弥四郎は法華経を信じていたのですから、親を導く身となら

れるでしょう」 光日尼は、大聖人の御指導に触れて一途に信心に励みました。

数年後には、悲哀を乗り越えた体験をしたため、大聖人に手紙を出しました。大聖人はその御返事に次のように

したためられました。「心の月は曇りがなく、身の垢は消えられた。あなたは即身の仏です」「今、光日上人は、

わが子を思うあまり法華経の行者になられました。 母と子は必ず共に霊山浄土に参ることができるでしょう。

その時の対面はどんなにか嬉しいでしょう」 光日上人(こうにちしょうにん)とまで讃えられた光日尼の信心。

現代において病気や事故で家族を失う、子供に先立たれることもありましょう。 その苦難にどう立ち向かうのか。

そのことを今に伝える光日尼の人生です。

 

<関連御書> 光日房御書(こうにちぼうごしょ)926頁

*******光日上人御書(こうにちじょうにんごしょ)932頁

*******光日尼御返事(こうにちあまごへんじ)934頁


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください