• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

唱題根本に宿命を転換

2017年7月26日

 

大地はささばはづるるとも虚空をつなぐ者はありとも・   潮のみち

ひぬ事はありとも 日は西より出づるとも・   法華経の行者の祈りの

かなはぬ事はあるべからず

(祈禱抄、1351頁)

 

(通解)

大地をさして外れることがあっても、大空をつなぐ者があっても、潮の

満ち干がなくなっても、日が西から出ることがあっても、法華経の行者

の祈りの叶わないことは絶対にない。

 

法華経の行者の祈りは必ず叶うと仰せです。

1962年(昭和37年)、3歳の時に母と共に入会した私は、76年

8月の「茨城郷土文化祭」に鼓笛隊として出演。82年2月の「厳寒の

茨城指導」に初の弘教を実らせて参加し、「茨城2000年会(現・茨

城新世紀大城会)」に加えていただくなど、幾重にも師匠との原点を刻

みました。

結婚を機に日立に移り住み、2人の子どもに恵まれました。長男は体が

弱く、幼くして何度も病にかかりましたが、夫と共に祈り、乗り越えま

した。6年前には夫が腎臓がんの摘出手術を。長女も双子の一人を死産

するなど、さまざまな宿命が襲いましたが、そのたびにこの御文を拝し

て唱題し、勝ち越えることができました。

日立の同志は、6月の「日立平和会館」開館1周年を勝利で飾り、さら

なる拡大に励んでいます。

これからも報恩感謝を胸に、日立広布に走り抜く決意です。

茨城・日立県婦人部長 坂上ひろみ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください