• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

勝利の人生を開く“勇気の信心”

2017年7月24日

 

法華経の剣は信心のけなげなる人こそ用る事なれ鬼に・かなぼうたる

べし、日蓮がたましひをすみにそめながして・かきて候ぞ信じさせ給へ

(経王殿御返事、1124頁)

 

(通解)

法華経(御本尊)の剣は、信心の強い人が用いてこそ、役に立つ。

まさに鬼に金棒である。この御本尊は日蓮の魂を墨に染めながして

書き認めたものである。信じていきなさい。

 

潔い、勇気ある信心によって、日蓮大聖人の御生命が認められた御本尊

の功力が現れると仰せです。

青年部時代、懸命に対話に励んでも、なかなか弘教が実らず悩む中、よ

うやく信心に理解を示してくれる友人が現れました。

しかし、友人の家族から猛反対され、その晩、初めて悔し涙を流しなが

ら唱題を。その時に先輩が、この御文を通し、何があっても諦めない信

心の大切さを教えてくれ、共に朝まで題目を唱えてくれました。

その後、あらためて友人の家族と対話したところ、友人の父親が了承し

てくれ、晴れて初の折伏が成就したのです。忘れ得ぬ青春の思い出を刻

みました。

以来、仕事や家族の課題で悩むたびに、“勇気の信心”で勝利の人生を開

いてきました。

明年は、池田先生が極悪との決着のため、わが岐阜栄光県の地を訪れて

から65周年の佳節です。

青年の心で、抜苦与楽の励ましの絆を拡大してまいります。

岐阜栄光県長 多治見貴史


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です