• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

歓喜の兵庫創価青年大会 ワールド記念ホールで開催

2017年7月23日

 

 

世界の希望の港から Keep on Sailing(永遠に進み続けよう)

 

 

兵庫創価青年大会が22日午後、2回にわたって、兵庫・神戸市のワールド記念ホールで開かれ、代表1万人が

集い合った。これには池田大作先生がメッセージを贈り、兵庫は阪神・淡路大震災から大復興を遂げた、

世界の希望の港であると強調。「兵庫から、平和と人道と正義のスクラムを一段と強く大きく広げゆく、新航路

を開いていっていただきたい」と、次代を担う青年たちに期待を寄せた。                        

兵庫県の井戸敏三知事、神戸市の久元喜造市長をはじめ各界の識者ら来賓約2000人が出席し、歓喜あふれる

演奏・演技に惜しみない拍手が送られた。

今回の大会テーマは「青年が拓く 希望の新航路――Keep on Sailing(永遠に進み続けよう)」

総兵庫青年部全員の誓いを込めた。青年とは、荒波を越えて進む帆船に似ている。敢えて苦難に立ち向かい、諦

めずに勝ち越えていく姿は、人々に希望の光を送りゆく。世界広布という大海原へ、青年が船の舵を取り、雄々

しく前進しよう!――と。

帆船をモチーフにしたロゴ(別掲)を作成したデザイナーの浦山藍子さん(女子部部長)。“自信を持てない自分

を変える機会に”と、題目根本で取り組んだ。仏法対話にも挑戦。真心を尽くし、香川に住む友を入会決意に導い

た。仕事も攻めの姿勢に変わった。必ず社会で実証をと意気込む。

一人一人が自身の課題に挑み、勝ち越え、晴れ晴れと集った1万人の大会が始まった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください