• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

行学錬磨の光の道を

 

日は赫赫たり月は明明たり・法華経の文字はかくかく・めいめいたり・めいめい・かくかくたり、

あきらかなる鏡にかををうかべ、すめる水に月のうかべるがごとし

(南条殿御返事、1529頁)

 

(通 解)

日が赫々と照り、月が明々と輝くように、法華経の文字も赫々明々、明々赫々と照り輝いている。明鏡に顔を

映し、澄んだ水に月の影を浮かべているようなものである。

 

同志への指針

法華経、そして御書の文字は、万年までも照らす黄金の光だ。民衆の幸福と平和への道を映し出す明鏡である。

日蓮仏法の根幹たる「広宣流布の信心」の血脈は、創価学会にのみ流れ通っている。この尊き和合僧の中に、真

実の行学の錬磨があるのだ。 一緒に御書を拝し、大聖哲の太陽の魂に触れながら、赫々・明々たる人間革命の

光の道を進みゆこう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください