• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈池田先生と共に 新時代を進む〉14

2017年7月17日

世界に轟け! 常勝不敗の魂

 

「東京凱歌」――この書を私が記したのは、昭和58年であった。

5月3日を祝賀し、八王子の東京会館の完成を記念して書き留

めた。今その地には殉教の先師を宣揚する東京牧口記念会館が

立つ。先師に捧げる「東京凱歌」「創価の凱歌」を轟かせてく

れた全同志の尊い尊い奮闘に、あらためて私は合掌したい。  

牧口先生の顕彰室には、常に拝され研鑽なされた御書が置かれて

いる。「苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せ

て南無妙法蓮華経とうちとなへゐさせ給へ」「いよいよ強盛の信力をいたし給へ」(御書1143頁)先生が

線を引かれ、大切にされていた一節である。  

九州での甚大な豪雨の被害など自然災害が続き、ご苦労が偲ばれてならない。農作物などへの影響も深刻である。

被災地の方々、農漁光部の皆さまはじめ、全ての宝友を、仏天よ護りに護れと題目を送っている。  

何があっても、我らには変毒為薬の妙法がある。苦楽を分け合う同志がいる。いよいよ強盛に「抜苦与楽(苦を

抜き楽を与える)」の行動に打って出て、希望の人生を、和楽の家庭を、福徳の地域を築きゆくのだ。

 ― ◇ ―   

7月11日は、男子部結成の記念日であった。「強敵を伏して始て力士をしる」「師子王の如くなる心をもてる

者 必ず仏になるべし」(同957頁) これも、牧口先生が線を付された御文である。  広布の激戦の中で、

一段と力をつけてきた頼もしき正義の若師子たちに、この御聖訓を贈りたい。はつらつと前進する花の女子部は、

19日に結成の日を迎える。女子部の1期生である妻が大事にしてきた三つの指針を託したい。  

「希望は心の太陽」  「努力は心の王道」  「苦難は心の名曲」  華陽の乙女に、幸光れ!

 ― ◇ ―   

7月17日は大阪大会より60年。関西の誉れの父母たちに感謝は尽きない。戸田先生は、関西と私との団結を

何よりも喜ばれ、「学会が大変な時に、自分も難の渦中に躍り出て、勇んで戦っていくところにこそ、永遠不滅

なる生命の勝利がある」と言われた。この常勝不敗の魂は、今や日本全国、そして全世界の異体同心の絆となった。  

創価ファミリー大会が始まった。さらに、兵庫、岡山、佐賀、岩手、富山、石川と各地で、創価青年大会も行わ

れる。地涌の若人たちの大成長の夏であれ!と祈りに祈っている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください