• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

創価学会の「永遠の5指針」について

 

    1.「一家和楽の信心」 

    2.「幸福をつかむ信心」 

    3.「難を乗り越える信心」 

    4.「健康長寿の信心」 

    5.「絶対勝利の信心

 

1957年(昭和32年)12月、戸田城聖第2代会長が学会の「永遠の3指針」として、「一家和楽の信心」、

各人が幸福をつかむ信心」、「難を乗り越える信心」を発表されました。

2003(平成15年)12月、池田名誉会長が新たに2項目を加えられました。

付け加えられたのは「健康長寿の信心」「絶対勝利の信心」です。 ですから、この「5指針」は、戸田先生と

池田先生の師弟の“合作”です。 何という素晴らしい指針でしょう。

5指針の中での「絶対勝利」とは何だろうか?と、考えてみました。 祈りつつ考えました。

究極の勝利とも、不撓不屈の勝利とも‥ あるいは、広宣流布の闘いで全力を出し切るという意味合いにも

感じられました。

人生を振り返ってみると、若い頃の情けない自分の姿が思い浮かびました。 経済苦の悲惨な生活も経験し

ました。しかし、男子部時代に様々な訓練を受けさせていただき、それが仕事に対する姿勢が大きく変わり、

職場で勝利したことが財産となりました。

私は、知らず知らずに功徳(くどく)を得たのです。本当に大きな幸せをいただきました。

本来、宗教は人を幸せにするためにあると思います 。

「永遠の5 指針とは、創価の功徳の約束」です。

「5つの幸せを実現できる宗教なんですよ」って言われているみたいですね。

広宣流布の活動(闘い)の中にこそ人生の醍醐味を味わうことのできる功徳の因があります。

幸せが欲しい人は、ぜひ創価学会に来ていただいて、ともに幸せになってもらいたいですね。

功徳をいただいて、人生を楽しんで欲しいから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください