• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

妻の死を乗り越え一家で広布へ

2017年7月13日

 

今日蓮等の類いの修行は妙法蓮華経を修行するに難来るを以て

安楽と意得可きなり

(御義口伝、750頁)

 

(通解)

いま日蓮と門下が妙法蓮華経を修行するのに、難が襲ってくることを

もって、安楽であると心得るべきである。

 

苦難が競い起こっても、いよいよ境涯を開く時と勇んで立ち向かうよう、

教えられています。

1981年(昭和56年)、大学進学直後に胃潰瘍を患い、病弱な自身の

宿命転換を願って入会しました。その後、愛知と神奈川の地で、学生部・

男子部の活動に奮闘。心身ともに健康になった体験を通して、友への弘教

も実りました。 結婚後、2人の娘を授かり順風に思えたころ、明るく健

康だった妻が突然の病魔に襲われました。夫婦でどこまでも前向きに病と

向き合い、祈り切った6年間の闘病の末、妻は霊山へ旅立ちました。

人生の伴侶を亡くし、深い悲しみに沈む中、池田先生から激励の和歌を頂

き、“苦難に立ち向かい、未来を切り開いてこそ真の弟子である。必ず娘を

広布の人材に育てよう”と決意を新たにしました。地域の先輩や同志の皆さ

ま、家族の励ましのおかげで、現在、長女は医学生として妙法の医師を目

指し、次女は女子部のリーダーとして元気に活動しています。

師匠への報恩感謝を忘れることなく、栄区家族の皆さまと共に全ての活動

に勝利してまいります。

神奈川・栄区総合長 新保貴史


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください