• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

勇気の信心根本に拡大にまい進

2017年7月10日

 

苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて

           南無妙法蓮華経とうちとなへゐさせ給へ

(四条金吾殿御返事、1143頁)

 

(通解)

苦を苦と悟り、楽を楽と開き、苦しくても楽しくても南無妙法蓮華経

唱えきっていきなさい。

 

いかなる時も唱題し抜いていくことこそ最高の幸せである、との仰せです。

1978年(昭和53年)7月28日、猛暑の中、池田先生が東濃文化会館

を訪問され、勤行会を開催。この御文を拝しての“人生最極の「遊楽」とは、

勇気ある信心、勇気ある題目の実践のなかにある”との指導に、社会人になっ

たばかりの私は「師匠と共に、生涯不退を貫こう」と誓いました。

この人生の原点の日から10年後に結婚。しかし、なかなか子宝に恵まれ

ませんでした。夫婦で何度も悩みましたが、その度にこの御文を思い起こし、

“すべて意味のあることと捉えて、御本尊に祈り抜こう”と決意。

私は、支部長として広布の最前線で走り続けました。その後、妻が弘教を実

らせた時に妊娠していることが判明。ちょうど池田先生の東濃訪問から20

年の節目でした。  翌年、待望の長男が誕生。すくすくと成長し、今春から

大学生となりました。

東濃訪問40周年の佳節を迎える明年に向けて、題目根本に東濃広布にまい

進する決意です。

岐阜創価県長 板橋啓二


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です