• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

三世の師弟の絆を胸に前進

2017年7月7日

 

過去の宿縁追い来って今度日蓮が弟子と成り給うか・釈迦多宝こそ

  御存知候らめ、「在在諸仏土常与師俱生」よも虚事候はじ

(生死一大事血脈抄、1338頁)

 

(通解)

あなたは、過去の宿縁から今世で日蓮の弟子となられたのであろうか。

釈迦多宝の二仏こそご存じと思われる。法華経化城品の「在在(いたるところ)

の諸仏の土に、常に師と俱(とも)に生ず」の経文は、よもや嘘とは思われない。

 

三世にわたる仏法の深い師弟の関係を教えられた一節です。

兄の「成長ホルモン分泌不全性低身長症」に加え、経済苦や家庭不和など、

次々と宿命に見舞われる一家に育ちましたが、未来部担当者の励ましに勇気

を得て唱題に挑戦。病を乗り越えた兄の姿などを通して、信心の功徳を実感

しました。 同じころ、事実無根のデマで学会を批判するマスコミに憤りを

覚え、「師弟の絆は三世永遠。生涯、弟子の道を歩もう」と誓い、創価女子

短期大学に進学。1988年(昭和63年)に本部職員になり、世界広布の

指揮を執られる池田先生の姿を心に刻みました。

結婚後、埼玉へ。宿命転換の実証を、と広布に走り抜いてきました。

本年5月8日、池田先生・奥さまが埼玉池田研修道場を訪問されて10周年

を迎えました。研修道場のある狭山県には新しい人材が陸続と誕生しています。

青年部・未来部と共に師匠の偉大さを語り希望の前進をしてまいります。

埼玉・狭山県婦人部長 清水祐子

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です