• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

師とともに創価教育学会を創立

2月11日は、戸田城聖・第二代会長の誕生日です。1900(明治33)年

石川県に生まれた戸田会長は、その後北海道に移り住み、1920(大正9)

年、大志を抱いて上京します。生涯をかけて悔いのない「人生の師」を求

めていた戸田青年は、牧口常三郎・初代会長と出会い、「この人なら信じ

られる」と師弟の道を決然と歩みはじめました。

やがて、日蓮大聖人の仏法にめぐりあった牧口会長と戸田会長は、1930

(昭和5)年11月18日に『創価教育学体系』の第一巻を刊行します。

この日が、創価教育学会の出発の日であり、のちの創価学会創立記念日と

なったのです。

戦争の泥沼へと突き進む、時の軍部政府の思想統制に、断固として抵抗した

牧口会長と戸田会長は、1943(昭和18)年7月6日、治安維持法違反・不敬罪の容疑で逮捕・投獄

されました。

牧口会長は獄中で尊き殉教をとげ、戸田会長は2年に及ぶ獄中闘争を貫いて終戦間際の1945(昭和20)年

7月3日に出獄します。

 

学会の永遠の発展の礎を築く

獄中で唱題に励み、法華経を繰り返し読むなかで戸田会長は「地涌の菩薩」の使命を自覚し、牧口会長

の志を継いで生涯を広宣流布に捧げようと決意。出獄後、創価教育学会を創価学会と改称し、「この地

球上から“悲惨”の二字をなくしたい」と、ひとり闘争を開始します。

1951(昭和26)年5月3日に第二代会長に就任。その時に掲げた願業である「75万世帯の弘教」をのち

に達成。『日蓮大聖人御書全集』の発刊、創価の平和運動の原点となる「地球民族主義」の構想や「原水

爆禁止宣言」の発表など、広布史に燦然と輝く数々の偉業を成し遂げながら、戸田会長は次代を担う青年

の育成に全魂を傾け、盤石(ばんじゃく)なる広布の礎(いしずえ)を築きます。

1958(昭和33)年、3月16日の「広宣流布記念式典」で「創価学会は宗教界の王者である」と師子吼し、

池田青年(現名誉会長)をはじめとする後継の若人にすべてを託した戸田会長は、同年4月2日、広宣流

布に捧げた58年の尊き生涯を閉じられたのです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください