• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

『創価教育学体系』の発刊

11月18日は、創価学会創立記念日です。1930(昭和5)年のこの日、

牧口常三郎初代会長の著書『創価教育学体系』の第1巻が発刊されま

した。

牧口会長は、1871(明治4)年6月6日、現在の新潟県柏崎市に生ま

れ、北海道で教員となり、以後、教育者の道を歩みました。

1928(昭和3)年、57歳のとき大きな転機が訪れます。

日蓮大聖人の仏法との出会いでした。長年求め続けた、全民衆の幸福

を目指す人間主義の哲学に触れた牧口会長は、自分がこれまで書きた

めてきた教育理論を、今こそ体系化しようと決意します。

 

師と弟子ふたりだけの出発

牧口会長が自らの決意を真っ先に語ったのは、愛弟子である後の戸田城聖第二代会長に対してでした。

1929(昭和4)年2月のある夜、思いを聞かされた弟子は、師の教育学説は自分が出版しようと決意します。

「先生の教育学は何が目的ですか」「価値を創造することだ」「では先生、創価教育と決めましょう」

こうして、牧口会長の教育学説は「創価教育学」と名づけられました。弟子は、牧口会長が書きためた膨大な

メモを整理する作業と、出版資金の捻出を、一手に引き受けました。

翌年に発刊された『創価教育学体系』第1巻の奥付には「著作者・牧口常三郎 発行兼印刷者・戸田城外

(※注) 発行所 創価教育学会」とあります。

1930(昭和5)年11月18日。『創価教育学体系』第1巻の出版の日が、師と弟子たったふたりの「創価教育

学会」の出発でした。これが現在の創価学会が創立された歴史的な日となったのです。

(※戸田会長は、戦後、「城聖」と改名する以前に「城外」と名乗っていました)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください