• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

〈池田先生と共に 新時代を進む〉12

                                            2017年6月20日

前進! 正義の凱旋門へ

 

戸田城聖先生が、軍部政府との2年の獄中闘争を勝ち越え、出獄されたのは、東京・中野であった。

それは、昭和20年(1945年)の7月3日。巡りくるその日を前に、有縁の地へ走り、中野南文化会を

視察した(18日)。 会館には、朝から壮年部が意気軒昂に集われていた。いよいよ黄金柱の出番と「ああ

感激の同志あり」を皆で大合唱したと伺った。王城会の厳護の雄姿も、頼もしい限りである。「父の日に本当

に尊いですね」と妻が微笑んだ。 勤行会を行っていた先駆の学生部も元気である。 同会館には、隣接する

杉並・方南支部の友も、太陽の婦人部を中心に集まられていた。方南支部といえば、昭和53年の1月、広布

第2章の「支部制」開始に際し、私が結成大会に出席した忘れ得ぬ支部である。地域に信頼を広げる大発展が、

何よりもうれしい。 とともに、創価の凱歌へ師子奮迅の指揮を執る全国の支部長・支部婦人部長、また地区

部長・地区婦人部長、ブロック長・白ゆり長をはじめ、リーダーの皆さま方の奮闘が偲ばれる。

御本仏が、広布に献身する偉大な宝友たちを、いかばかり讃嘆されているか。『釈迦仏・地涌の菩薩・御身

に入りかはらせ給うか(御書1467頁)の一節が、胸に迫ってならない。

中野南文化会館には、戸田先生が出所した豊多摩刑務所の鉄の門扉が保管されている。

同刑務所が取り壊された折、中野の有志が譲り受けてくれたものだ。  恩師の出獄は、沖縄戦で日本軍の組織

的戦闘が終わった直後だった。6月23日は「沖縄慰霊の日」である。“命どぅ宝”――生命こそ最極の宝。

これが、恩師も敬愛した沖縄の心だ。 生きて獄門を出た恩師は、民衆が一人一人、仏の生命を最大に輝かせ、

この世の悲惨を打ち破っていく「人間革命」の道を開かれた。最も苦労した人が、最も幸せを勝ち取っていける

社会をつくるのが、我らの「立正安国」の戦いである。  その先頭に立つ「平和の勝利島」沖縄の友に、思い

を馳せぬ日は一日もない。

日蓮大聖人は、『いかに強敵重なるとも・ゆめゆめ退する心なかれ恐るる心なかれ(同504頁)と仰せである。

この御聖訓通り、恐れなき勇気を、限りない智慧を湧き上がらせて、前進だ。

いざ、正義の凱旋門へ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください