• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

聖教新聞の第1回企画会で、戸田先生はこう言われた。

「この新聞をもって、広宣流布の火蓋を切っていくのだ。あらゆる意味で言論戦の雄とな

らねばならぬ!」

その日、私は日記にこう記した。

「・・・日本一、世界一の大新聞に発展せしむる事を心に期す」と。

わが同志よ、聖教新聞とともに、勇気凛々、正義の獅子吼を日本中、世界中に轟かせてい

こうではないか!

 

私と妻は常に率先して聖教新聞の拡大を行ってきた

平和と文化の言論戦・聖教新聞が創刊されたのは、昭和26年(1951年)4月20日。当初

月3回の発行で、部数は5000部だった。記者も少なく、皆、素人だった。

私は、戸田先生の事業を支える激務のなか、記事を書きまくり、創刊号から、聖教新聞を

護っていった。

学会本部は当時、西神田にあった。私は、神田中をまわって、聖教新聞を自ら拡大してい

った。「聖教新聞を、日本中の人に読ませたい」 --- 師の夢の実現のため、足元か

ら行動していったのである。

昭和30年の1月。私は、「若き日の日記」に記している。

「素人一名乃至二名で始まったこの紙弾(=聖教新聞)。今、数十万部に近い勢力となる。

人々は笑った。素人に何が出来るか、と。(戸田)先生のいわく ”素人も、五年たてば玄

人になってしまう” と」

私と妻は、常に率先して聖教新聞の拡大を行ってきた。

御聖訓には、「仏は文字によって人々を救うのである」(御書153頁、通解)、「(法華

経の)文字変じて又仏の御意となる」(同469頁)などと説かれている。

聖教新聞の拡大は、即、仏縁の拡大であり、広宣流布への大折伏の意義があることを、知

っていただきたい。

 

配達員の方々に感謝し、大事に

早朝 --- 普通の人なら、まだ休んでいる時間帯である。つらいけれども、眠ってい

る人には味わえない、あの澄みきった空気。香しい大気。そして赫々と太陽が昇る。

まさに ”朝の劇(ドラマ)” であり、荘厳な  ”生命の儀式” である。この気分を味

わえる人は、最高に幸せな人である。

ともかく、配達員の方々に感謝し、大事にしていただきたい。

私も妻も、毎朝、新聞が届けられる時間になると、よく二人で合掌して感謝している。

「今ごろ。新聞が届いたかもしれないね。ありがとう」と。また、新聞を手に取るときも

「配達をされる無冠の友の皆さま、ありがとう」と。いつもそういう思いである。

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.