• ただいま、Word Press 猛烈習熟訓練中!!
Pocket

大切なことは「真心が通じますように」との祈りです。祈りから智慧も生まれる。確信も

歓喜も生まれる。

大変だけれども、その人が必ず幸せになり、自分も幸せになっていくことを思えば、これ

ほど「楽しい」こともない。

戸田先生はよくおっしゃっていた。「折伏というものは苦しんでやるものではない。楽し

くやらなければなりません」と。

 

結果を焦る必要はない 語った分だけ 仏縁は広がっている。

大聖人は、御書に明快に「折伏せよ」と仰せになっている。「諸宗の人法共に折伏して御

覧ぜよ」(御書504頁)

万事を閣(さしお)いて謗法を責むべし是れ折伏の修行なり」(同494頁)

また、次のようにも言われている、「邪智・謗法の者の多き時は折伏を前(さき)とす

(同235頁)

日蓮は折伏を本とし摂受を迹と定む法華折伏・破権門理とは是なり」(同867頁)

末法の根本の修行は、折伏である。大変だけれども、やった分だけ自分が得をする。

それが折伏の実践である。

大事なことは、相手の幸福を真剣に御本尊に祈っていくことである。そして、自分自身の

体験を、学会の真実を、誠実に、自信満々に、語っていけばいいのである。

早く結果を出そうと焦る必要はない。勇気をもって語った分だけ、仏縁は広がっているの

だ。粘り強く、自分らしく、師子の心で、挑戦していってもらいたい。

 

仏法を少しでも語っていく友情の縁を結んでいく---大功徳を確信していただきたい。

大聖人の仏法は「下種仏法」である。南無妙法蓮華経に少しでも結縁しただけで、仏種は

消えることなく、いつか芽を出す。ゆえに、その大切な仏縁を結ばせる「弘教の人」「実

践の人」の福徳も計り知れない。 (中略)

「一句でも」仏縁を結ぶならば、その人の胸中には、永久に消えることない「成仏の種」

が確実に植えられるのである。 (中略)

大聖人の仏法を少しでも語っていく、友情の縁を結んでいく ---。たとえ、その時に

は相手が信心しなくても、仏種を植えていく「聞法下種」そのものが「折伏」なのである。

相手が発心した場合と、まったく変わらぬ偉大な功徳があることを確信していただきたい。

 

一人が十人の本当の友人をつくっていこう!

「一人が、十人の本当の友人をつくっていこう! そこに実質的な広宣流布がある」 

(中略)さあ、創価の友よ!新たな広宣流布の全身へ、立ち上がって、打って出よう!

沈黙していないで、語りかけよう!

一日一日、友情と対話のドラマを綴るのだ!

そして共々に、使命の大地に ”幸福拡大の本国土” を築きゆこうではないか。

(『随筆 出発の光』)

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください